沿革

2017~

  • 米国NASDAQ Global Market上場 (ティッカーシンボル: TLC)
  • TLC599 は第II相臨床試験においてポジティブなトップラインデータが得られた
  • TLC590の第I/ II相臨床試験を開始
  • 台湾TPExのコーポレート・ガバナンス評価で上位5%に4年連続ランクイン
  • TLC178 が米FDAより軟部組織肉腫治療の希少疾病用医薬品及び横紋筋肉腫治療の希少小児疾患用医薬品に指定

2012~2016

  • 台湾TPExのコーポレート・ガバナンス評価で上位5%にランクイン
  • 豪州、香港、上海、日本で子会社を、台湾・新竹で支社を設立
  • Ampholipad™ が台湾で承認・発売される
  • TLC388が中国FDAより優先審査品目に指定
  • 台北証券取引所に上場 (證券番号:4152)

2007~2011

  • TLC388 が欧州・米国FDAより肝細胞癌治療薬として希少疾病用医薬品に指定
  • オランダのライデンに子会社を設立

2002~2006

  • アメリカのサンフランシスコに子会社を設立
  • 台湾・台北の南港軟体工業園区に本部を設置
  • Lipo-Doxが台湾で卵巣がん・乳がん・AIDS 関連のカポジ肉腫・多発性骨髄腫の治療薬として承認を取得

1997~2001

  • TLC設立、Lipo-Doxの開発を開始